修理事例詳細 REPARING MODELS

 HOME  >  修理事例一覧  >   修理事例詳細 (クラウン H19 GRS180)

アクセス

見積もり無料!納車引取無料!代車無料! TEL:045-742-1532 FAX:045-742-1567 横浜市保土ケ谷区保土ケ谷2-104

[お車でのルート]


首都高速「永田」インター、横浜横須賀道路・保土ヶ谷バイパス・横浜新道「狩場」インターより5分
横浜駅より国道1号線沿い10分。ニコちゃんマークのスマイルの看板が目印。


東京方面・横須賀方面・八王子方面・横浜近郊から好アクセスの場所に所在。駐車場も完備しております。
お気軽にご来店願います。

≫ 地図はこちら

 クラウン H19 GRS180


2017.09.28



→

作業内容 鈑金     塗装    

作業パーツ リアフェンダー     前ドア     後ドア    

費用:約270,000円 工期:約10日間

クラウン アスリート GRS180 左Fドア 左Rドア 左Rフェンダー左サイドスポイラー の損害です
ポールのような物に接触してしまいました
幸いお怪我は大丈夫でした

写真 zoom

1. 損害確認 修理か交換か 

今回は自費修理なので 極力「コスト」を抑える事を重点に置き
修理方法をご提案しました
前後ともに ドアは 構造 強度 作業性 コストを考えた結果
取替がベストの選択です
取替部品はリサイクルパーツを使用し部品代を抑えました
Rフェンダーは本来、交換が妥当な損害ですが
交換すると一番高いパネルですので、修理にチャレンジです

写真 zoom

2. リサイクル部品

上記の写真は 塗装後 磨きをして 仕上げ後のものですが、
リサイクル部品を使用したことが
まったくわからない状態です

写真 zoom

3. Rフェンダー 板金 

かなり 変形が激しく 袋状のパネルですので 
外側から引っ張りだす修理方法です
適当な大きさにカットした鉄板を しっかり溶接します
鉄板にクランプをしっかりはさみ固定します
レバーブロックで 少しずつ加減しながら
ボディーを引いていきます
それと同時に 板金ハンマーで周りをたたきながら
ボディー全体を慣らしていきます

写真 zoom

4. あらだし

インナー アウター (外・中のパネル)が カタチになってきました
だいたいのカタチを出したら 
ハンマー スタッド(ワッシャーを溶着させる道具)を使い
プレスラインや鉄板の張りに注意しながら仕上げます

写真 zoom

5. 板金パテ

足付け 脱脂後、板金パテ(形を作るパテ)を
ボディー形状に沿って添付します
熱乾燥後、80番(荒目のヤスリ)のサンドペーパーにて
研磨し整形していきます
板金パテで90%まで仕上げるのがポイントです

写真 zoom

6. ポリパテ

板金パテにて成形後 ポリパテ(スアナや軽微な修正をするパテ)
を添付します
熱乾燥後 180番 240番 400番と サンドペーパーを
徐々に細かくしてゆき、面だし、ピンホール ライン などに
細心の注意を払いながら 仕上げます

写真 zoom

7. 3コートパール 塗装

ホワイトパールは非常に繊細なカラーです
ベースカラーを3回 パールを3回 クリヤーを3回
これをむらなく塗装することで 元の状態を復元できす
当然 乾燥にも時間が寄りかかります
塗装ブースに 温度調整機能があり 
一年中同じ条件で 塗装ができます

写真 zoom

8. みがき 組付け

しっかり乾燥させ 数種類のコンパウンドを使用しポリッシャーをかけます
現車の塗装肌(表面的な感じ)に合わせながら仕上げます
最後に パーツを組付け完成です
洗車 ルームクリーニング 機能点検をして 
納車させていただきます
作業内容や 金額など 疑問や心配事が 御座いましたら
まずはご相談してください!


お問い合わせはこちら